財団法人東京都体育協会加盟団体の東京都ゴルフ連盟のオフィシャルサイトです。

研修会について

東京都ゴルフ連盟には研修会があり、定例会は毎年4回開催し、国体へ派遣する選手育成をはじめ、競技スポーツとしての「ゴルフ」の普及振興を図っております。

この研修会に参加するには、東京都ゴルフ連盟に加盟するゴルフ団体の会員もしくは東京都ゴルフ連盟に個人会員として登録されている方であることが必要です。また、居住地区に加盟団体がない場合でも、勤務先地区に東京都ゴルフ連盟加盟のゴルフ団体があれば、その団体に入会することもできます。但し、研修会で定める入会条件がありますから、希望者は入会希望を届け出て入会の承認を得る手続が必要です。


 東京都ゴルフ連盟はアマチュア・ゴルファーのための団体として、会員の技能研修やゴルファー相互の親睦を深める施策など、多様化するゴルファーのニーズにも対応しうる事業企画を目指したいと研究を進めております。

東京都ゴルフ連盟会員のJGAハンディキャップ査定システムの推進、あるいはアンダー・ハンディキャップ競技会の企画なども検討しております。  

平成25年度の第68回国体は、東京都で開催されることが内定しております。ゴルフ競技は八王子市で開催を予定しその準備に着手しております。当連盟としても準備委員会の発足や競技力向上の為のジュニア選手特別強化事業を実施するなど他の団体と連携しながら開催準備を行っております。
競技志向のアマチュアゴルファーにも、親睦目的のゴルファーにも共通するゴルフ文化面の啓発事業、あるいはジュニアゴルファー育成事業に至るまで、幅広い活動も必要でしょうが、先ずは出来ることから実現していく姿勢で夢のある将来展望を目指したいものです。

ここ数年、ヤング・ジェネレーションの台頭が目立つようになり、プロの世界でも同じような傾向が見られます。一方では高齢者ゴルファーの活躍も地味ながらエージ・シューターの増加が目立ち始めました。

東京国体の開催や多くの都民ゴルファーのニーズに応えるべく、東京都ゴルフ連盟は努力してまいります。